学資保険の比較ランキング【必要となる補償額はどれくらいかしっかり計画を立てましょう】

おすすめの学資保険は?

必要となる補償額はどれくらいかしっかり計画を立てましょう

学資保険における補償額というのは一定のタイミングで受け取ることができる給付金、つまりまとまった教育費になります。

受け取れる額や年齢などは商品によってマチマチですから、ご自分にとってどれが合っているかというのをじっくり検討することが大切です。

必要となる補償額がどれくらいなのかを予想・計画して学資保険を選んでいきましょう。

 

 

 

 

 


必要な金額や保障について


補償額の考え方

学資保険に加入する主な目的はお子さんの教育費のためであることは間違いありません。そうした場合、時期ごとにどれくらいの額が必要になってくるのか考えることが大切になってきます。

おおよその目安としては、幼稚園から大学まで公立であるならば1000万円くらいが必要になります。また私立だけとする場合、2000万円以上必要になってくるようになります。

さらに、タイミング別ではすべて公立ならば幼稚園で70万円、小学校で180万円、中学校で140万円、高校で150万円、といった形になります。

実際にどれくらい必要になるかは入学する学校によって変わってきますのである程度の計画を立てて考えていきましょう。


どのような保障がある?

学資保険には教育目的以外にも保証される内容はたくさんあります。例えば商品によってはお子さんの医療保障もありますし、保険契約者が死亡した際の保険金や育英年金などもあります。

つまり通常の保険商品と同内容のものが特約などによってつけることができるわけです。

本当に必要かどうか、それはご家庭の事情や親御さんの考え方によって変わってきます。じっくりと考えてどういった保障が必要なのか、補償額はどれくらいもらいたいのかなど考えていきましょう。