学資保険の比較ランキング【満期時期や給付のタイミングで学資保険を選んでみよう】

おすすめの学資保険は?

満期時期や給付のタイミングで学資保険を選んでみよう

学資保険の一番の目的はお子さんの教育資金です。学校に入学する際などに必要となるまとまったお金を、給付金という形で受け取ることができます。

給付金が受け取れるタイミングというのはいろいろとありまして、商品によって若干の違いがあります。

お子さんがどの年齢で最も資金が必要になるのか、ご家庭の事情によってどんなタイミングにお金を受け取るのが最善なのかなどを考えて商品を選んでみることも大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

給付されるタイミングと学資保険

何歳の時に一番お金がかかる?

一般的な話しで言いますと、教育費として最もお金がかかるのが大学の入学金です。公立でも数十万円はかかりますし、私立ともなれば100万円単位でかかる場合もあります。

そういったことから保険会社では満期時期を18歳に定めているところがほとんどです。

とはいえ、大学入学というのは浪人をしない限りは18歳になる年齢、つまり17歳時のタイミングになります。ですから18歳になった時ではお金が間に合わないというケースもあり得ることでしょう。

最近ではそうしたことに配慮して満期時期を17歳に設定している賞品も増えています。どの時期がいいのかはしっかりと判断しておきましょう。


数回に分けてもらうか、まとめてもらうか

給付金を受け取れるタイミングというのはいろいろとあります。商品によっては満期だけでなく、節目となる年齢ごとに祝い金が給付されるものもあります。

もちろん満期のみの給付に比べると一度の給付額は落ちてしまいますが、必要な時にそれなりのまとまった額が受け取れるというのはありがたい話ではあります。

ご家庭の事情などに合わせてどういったタイミングが良いのか検討してみてください。