学資保険の比較ランキング【学資保険と定期預金はどっちがいいの?】

おすすめの学資保険は?

学資保険と定期預金はどっちがいいの?

お子さんの教育費のための貯蓄をする際に、金融機関の定期預金を利用するか学資保険に加入をするか迷う人も多いことでしょう。

貯蓄性という面では定期預金の方が良い面もありますが、万が一のことがあった場合は学資保険の方が良いという場合もあります。

学資保険か定期預金か迷っている方のためにそれぞれのメリットやデメリットについてご紹介いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 


学資保険と定期預金どちらがお得?

定期預金のメリットとデメリット

金融機関にお金を預ける最大のメリットは貯蓄性や安定した金利です。例えば50万円であれば、預けている間はその額以下に下がることはありません。むしろ預けておけばおくだけ一定の利率で増えていきますので貯蓄性や金利と言う面では安定していると言えるでしょう。
しかし昔のように金融機関の金利というのは高くはありません。元本がどんどん膨れ上がっていくというわけではなく、さらにまとまった資金が必要になった時に降ろしていけば貯蓄額は下がっていきます。また万が一のトラブルがあった場合など、保険と違って金融機関は何の保障もしてくれません。

学資保険のメリットとデメリット

学資保険はお子さんの年齢に合わせて定期的にまとまったお金を受け取ることができます。例えば入学の時期に合わせてお金を貰えるので必要な時に使えるというメリットがあります。また、万が一のことが起こった場合は生命保険と同じように保障を受けることも可能です。保障部分が優れた商品というのもたくさんありますので、選択の幅が広いというメリットもあると言えるでしょう。
ただ学資保険の場合は必ずしも元本が増えるわけではなく、貯蓄性という面においてはあまりメリットはありません。特に保障部分に重きが置かれているような学資保険の場合はややマイナスになってしまうこともあるでしょう。

とはいえ、保障部分を抑えた商品もたくさんありますし、何より万が一の時の手助けになるというのは心強いものです。商品内容を吟味して、保障と貯蓄のバランスの良い学資保険を選ぶことをオススメいたします。