学資保険の比較ランキング【覚えておきたい学資保険の保険用語】

おすすめの学資保険は?

覚えておきたい学資保険の保険用語

保険と言うものは思ったよりも複雑ですべてを理解しようとしたら苦労するものです。特に学資保険の場合は他の保険とは違った用語などもあり、混乱してしまう人もいることでしょう。

せっかく加入するのですから、契約内容や保障される内容などはしっかりと把握しておきたいもの。保険用語についてしっかりと学んでおきましょう。

 

 

 

 

 

 

 


覚えておきたい学費保険の用語たち

学資保険の保険契約者

保険会社と契約を結ぶ人、つまり親御さんのことを保険契約者と呼びます。

ご両親はお子さんの教育費のために、保険会社とこれから長期間の契約を結びます。苦労することもあるでしょうが、しっかり頑張っていってください。


被保険者とは?

保障対象となる人、つまりお子さんが被保険者となります。

契約をした方、つまりあなたが万一の事故や病気によって入院や死亡した際に、お子さんは被保険者という立場となって一定の補償額を受け取ることができます。

あって欲しくはないことですが、人生とは何が起こるかわからないものです。万が一に備えるのも親の務めであると覚えておきましょう。


学資保険の保険料

契約者が保険会社に支払うお金のことを保険料と言います。

これは言わなくともわかることとは思いますが、保険を契約したのであれば毎月決まった金額を保険会社に支払うことになります。金額に関しては契約内容や被保険者の年齢によって変わってきますので、しっかりと確認してください。

万が一支払えない事態になりますと、満期額資金を受け取れませんので注意してください。


給付金について

学資保険における給付金は契約満了時の満期学資金と決まった年齢ごとに受け取れる祝い金があります。

いずれも契約内容に合わせて毎月一定額を支払うことで受け取ることが可能です。もし何らかの事情で支払えなかったり契約を解除するようなことがあれば減額されてしまうので注意しましょう。

また契約内容によって受け取れる額やタイミングは違いますので確認をおこたらないようにしてください。


返戻率と元本割れ

返戻率とは保険料の支払総額と満期学資金の割合になります。

例えば総額200万円保険会社に支払ったとして、受取額が180万円だった場合は返戻率は90%ということになります。この場合、どうしても損をしてしまった気持ちになるでしょう。

学資保険を選ぶ際は返戻率が100%以下にならない商品を選ぶことが大切です。

元本割れというのは上記の例における損をしてしまった状態のことを言います。商品の内容によっては医療保障などが手厚くなり、結果的に元本割れするケースも少なくありません。

確かに医療に関する保障というのは手厚い方が安心はできますが、せっかく払った金額がマイナスになってしまうのはもったいないものです。できる限り元本割れしないものを選びましょう。