学資保険の比較ランキング【名義人は夫と妻どっちにするべきですか?】

おすすめの学資保険は?

名義人は夫と妻どっちにするべきですか?

被保険者、つまり学資保険の対象となるのはお子さん一人ですが、保険契約者となりえるのはご両親どちらかを選択する必要があります。

基本的にはどちらでも問題はないのですが、中には迷ってしまっている人もいるかもしれません。

どちらが名義人となった方が無難なのか、いろいろと考えていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 


名義人を決める時のポイント

基本的には夫が名義人となるもの?

学資保険に加入する際、夫と妻どちらが名義人となるか迷うこともあるかもしれません。どちらでも問題はないのですが、大抵の場合は大黒柱的存在である夫が名義人となることが多いです。

学資保険において、保険契約者が死亡した際に保険金が支払われる商品が非常に多いというのが特徴です。つまり、家計を支える人が保険契約者となっておくほうが無難といえるわけですね。


妻が名義人になるケースも増えている?

最近は夫婦共働きも増えてきていますし、主夫という存在も徐々に増えつつあります。そうした場合、妻が名義人となることも珍しいことではありません。

これはご家庭の事情もありますしそれぞれの考え方がありますから、どちらが正しいということは言えません。それぞれに合った名義人の選定をしていってください。


離婚と学資保険

また想像したくはない未来ですが、もしかしたら夫婦が離婚をするという可能性もないわけではありません。近年において離婚をした場合、親権を得るのは妻側の方が多くなっています。

そうなると保険料を支払うのは妻になります。さらにお子さんに何かしらのトラブルがあった際に、給付金が契約者である夫に支払われるという可能性もあります。

毎月お金を払っているのは元妻なのに、お金をもらうのが元夫というのは違和感がありますよね。

離婚を視野にいれた観点からすれば、名義人は妻にしておいた方が妥当という考え方もあるのです。