学資保険の比較ランキング【保障から考える学資保険の選別基準】

おすすめの学資保険は?

保障から考える学資保険の選別基準

学資保険に加入する際にはどういった保障内容があるのかをしっかりと見極めることが必要です。

お子さんの教育費として、親御さんがトラブルに遭った際の保険金、医療保障の手厚さなど見るべきポイントはいくつかあります。具体的にどのくらいの保障があれば良いのかについてご紹介していきます。

 

 

 

 

 


保証金額の目安について

満期学資金と祝い金

教育費の貯蓄というのはいろいろと頭を悩ませるものになります。毎月一定額貯蓄ができればいいのですが、環境の変化などによって貯金ができないこともあるでしょう。銀行も金利が高くない時代ですから、ただ預けたからといってそうそう大きくは増やせません。

学資保険の場合、返戻率100%以上のものがありますから、毎月の保険料に加えて多少プラスされた金額が資金として受け取ることが可能です。

例えば高校受験をする際には私立の場合3万円程度の受験料がかかります。さらに大学進学となれば入学金などまとまったお金が必要になってきます。そうした時に祝い金や満期学資金が受け取れたら便利ですよね。

学資保険に加入しておけば、契約時に決めたタイミングでまとまったお金を受け取ることができます。ただし、契約した通りのタイミングでしか給付されませんので事前にしっかりと計画を立てる必要があります。

親が亡くなった場合の育英金

考えたくはありませんが、万が一の可能性としてご自分が事故や病気によって働けないもしくは亡くなってしまうこともあり得ないことではありません。

毎月の保険料が払えなくなりますし、途中まで払っていたお金も受け取れる額が減ってきてしまいます。そうした場合は育英年金というものが重要になってきます。

保険商品によって育英金がついているものがあり、その額が高ければ高いほど毎月の保険料というのも高くなってきます。ですが、親が亡くなった場合に育英金が支給されることになりますから、万が一の際の助けになります。

育英金の額というのは非常に難しいポイントですが、ご自分たちに何かあった際にどれくらい必要なのかを計算して計画を立てましょう。

子供医療保障の金額

お子様というのはいつどこで事故や病気になるかはわかりません。通院で済めばいいですが、場合によっては長期の入院ということもあるでしょう。

学資保険を考える場合、お子さんへの医療保障というのも考えた方が良いです。例えば目安となるのは1日の入院にあたってどれくらいの給付金がでるかどうかになります。

自治体や病院によって入院費というのはまちまちですが、お子さんの場合は大人よりも金額は安くなります。例えば大人であれば1日5000円くらいがラインとなりますが、それより1~2割少ないくらいが上限であると考えておくと良いでしょう。

医療保障の金額もそのあたりを基準に考えてみてください。