学資保険の比較ランキング【月々いくら貯金ができるかが保険選びのポイントです】

おすすめの学資保険は?

月々いくら貯金ができるかが保険選びのポイントです

学資保険にはいろいろな商品がありますから、いざ加入しようと思ってもきっと迷ってしまうことでしょう。

まず何よりも大切なのは、家計を圧迫せずに無理なく支払える金額かどうかというのを考えてみるべきです。せっかく加入しても途中で支払えなくなってしまっては結局損をしてしまうことにもなるからです。

月々の保険料から選ぶ学資保険のポイントについてご説明いたします。

 

 

 

 

 

保険料から考えるポイント


元本割れしない商品を選ぶ

学資保険というのはお子さんのための保険であり、主に教育費などに充てていきたいものになります。入学金などまとまったお金が必要な時にそのサポートとなるような商品であることが重要です。

そうなった場合、元本割れしないかどうかというのは重要なポイントになります。保障内容が手厚くない、納得いくものではないのにもかかわらず支払う保険料が高く元本割れしてしまうというものは入る意味がないと言えるでしょう。

最低でも支払った額は受け取れるような商品を選ぶようにしておきましょう。


どれくらい払えるか考える

学資保険というのはある意味では貯蓄と同じものになります。ですから月々の保険料というのは自分で毎月貯金できる程度のものであることが望ましいと言えます。

例えば毎月1万円貯金できる余裕があるならば、保険料その程度が妥当と言えます。また、ちょっとムリしてでも3万円毎月貯金することができるということであれば、その金額でも問題ありません。

いずれにしても期間中は貯蓄を崩すようなことがない、借金をすることがない程度の金額であるならば大丈夫というわけです。

途中解約は絶対にしないようにしましょう

学資保険に限ったことではありませんが、保険というのは途中解約をすることほどもったいないことはありません。せっかく支払った金額も減額されてしまいますし、受け取れるはずだった給付金も当然受け取れなくなってしまいます。

もちろん家庭の事情などはあるでしょうが、なるべくなら解約をしないようにするべきです。契約の際には無理のないプランを選択するようにしましょう。