学資保険の比較ランキング【保険や保障が必要な期間から、学資保険を考えてみる】

おすすめの学資保険は?

保険や保障が必要な期間から、学資保険を考えてみる

学資保険というのは具体的にはいつからいつまで必要になるのでしょうか。

正直なところ、それはケースバイケースでありご家庭の事情や環境などによっていろいろと変わってきます。

保険が必要な時期はお子さんが何歳から何歳までなのかについて具体的に考えていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケース別の保障期間の考え方

私立か公立か

学資保険に加入する一番の目的はお子さんの教育費になるでしょう。その際にポイントとなるのが公立に通うのかそれとも私立に通うのかということです。

例えば高校までは公立で大学は公私どちらでも良い、そういう場合は大学生になるタイミングでまとめて資金が受け取れるタイプを選ぶべきです。簡単に言えば満期額資金のみを受け取れる商品となります。

小学校から大学までできれば私立に入れたいと考えるのであれば、それぞれの入学タイミングでお金が必要になります。そうした場合は祝い金を数回に分けて受け取れるタイプのものが良いでしょう。大学入学時に満期額資金を受け取れるようにしておけば盤石な体制と言えます。


自分の子供や他人の子のケガについて

医療保障を考えた場合は、お子さんが小さいうちに手厚くしておく方が一般的には効果的と考えられます。

というのも小さいうちというのは急に原因不明の熱を出したり、予想外のケガなどをしやすいものなのです。ですから例えば、小学校入学前まではある程度手厚い保障にしておいて、それ以降は多少緩やかになるようにしておいても良いでしょう。

他人の子にケガをさせてしまうというケースも小さいうちが多くなります。年齢を重ねるごとに人は分別がつきますから大きな喧嘩もしなくなりますが、小さいうちはふざけ合っているうちに大けがをさせてしまうなんてこともあり得るのです。

医療関係の保障期間は小さいころの一時期と思って多少お金をかけてあげると良いかもしれませんね。